綺麗に履歴書を書こう

転職で失敗しない履歴書の書きかた

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

希望の会社で働きたい

どの会社でも、履歴書の書き方は大体同じです。 しかし、それぞれの会社によって好まれる書き方が存在しています。 確実に転職を成功させるためには、相手の会社を知ることが重要です。 また具体的に書くことが大切なので、入社してから何を頑張りたいのかも書きましょう。

相手の会社を調べよう

自分に合っている仕事を見つけるために、転職をする人が見られます。
今の仕事よりも働く時の条件が良かったり、本当にやりたい仕事ができる会社をみつけたらそちらにいきましょう。
ですが、必ず新しく見つけた会社で働くことができるわけではありません。
面接をクリアして採用してもらわないといけないので、履歴書を丁寧に書く必要があります。
転職する時だけ履歴書が必要になるものではないので、これまでに何度か書いたことがある人が多いと思います。

しかし、転職をする時はこれまでとは異なる部分に注意して履歴書を記入しないといけません。
また字が汚かったり、詳しい内容が記載されていなかったりするものはその時点で却下されます。
履歴書を見せて納得してもらえないと、直接会って面接を受けることができない仕組みになっている会社が多いです。
転職のチャンスを逃さないためには、丁寧に書いた履歴書が必須だと覚えておきましょう。
希望の会社で働くことを目標にして、記入してください。

履歴書に、何を記入すれば良いのか分からない人も見られます。
どのような人物なのかアピールするために履歴書が使われるので、自分の特徴が分かるように具体的に記入すれば大丈夫です。
また、自分がこの会社で働きたいという熱意を見せるのも効果的です。
履歴書で熱い想いを伝えれば、面接をしてくれるかもしれません。
履歴書を適当に書くと、面接すら受けることができないので注意してください。

丁寧に書いていこう

初めて就職する時に比べて、転職する時は焦っている人が多いです。 早く新しい仕事先を見つけないと生活費を確保できないので焦る気持ちは分かりますが、失敗する原因になります。 焦って書くと、汚い字になるので気をつけてください。 ゆっくり書いた履歴書を見せましょう。

志望動機を詳しく書く

履歴書には、たくさんの情報を記載する欄があります。 その中でも特に重要だと言われるのが、志望動機の欄です。 なぜこの会社を希望したのか具体的に書くところなので、絶対空欄にはしないでください。 空いているスペースが多いと、やる気のない人間だと思われます。