綺麗に履歴書を書こう

>

学歴や職歴の書き方とは?

学歴の書き方は?

まず、学歴から見ていきましょう。まず、年月日を西暦か平成や昭和などの元号にするのか決めましょう。どちらが良いというのはありませんが、統一は必ずしてください。学歴は、高校からまず書きます。学校名は必ず正式名称で記載し、○○高校ではなく○○高等学校と書くのが一般的です。めんどくさい場合ついつい「同校卒業」や「〃」を使いたくなりますが、これも履歴書上NGとなります。また高校や大学で学科やコース名がある場合も必ず記入しましょう。高校を入学した例は、「平成15年4月○○高等学校普通科特進コース 入学」といった形になります。なお、浪人していたり、休学・退学していた場合記載する必要はありませんが、面接官からするとなぜ休学や退学などが知りたくなりますので、あらかじめ休学や退学の理由を記載しておくと良いでしょう。

職歴の書き方は?

次に職歴の書き方を見ていきましょう。職務経歴書は、履歴書と一体になっているものと、職務経歴書だけ別紙扱いになっていることもありますが、基本的には同じです。職歴は学歴の最終行の下の行から書き始めます。学歴と同様企業名は正式名称で書き、いつどこの部署に在籍していたかを書きます。例えば、○○株式会社に入社し総務課に配属された場合、「平成15年4月 ○○株式会社 入社」と書きその下の行に 総務課に配属と書きます。職務経歴書が別紙になっていた場合は、具体的な仕事内容も記載するようにしましょう。なお、職務が沢山ある場合は直近の職歴から書くようにしてください。あまりにも短期間で転職していた場合、採用担当者にすぐにやめてしまうかもと思われる可能性もありますので注意してください。


この記事をシェアする